ED治療とAGA治療を解決してくれた贔屓の海外医薬品

海外医薬品の需要

まず海外医薬品とは、日本の法律(薬事法)に基づいた「品質」「有効性」「安全性」などが確認されていない医薬品であることには、注意が必要です。
つまり海外医薬品とは、自分の責任でのみ使用することが出来る薬ということになります。
健康被害に万一、遭ったとしても責任は自分にあります。
低価格で購入できるという大きなメリットがありますが、海外医薬品とはその分のリスクもあると言うことです。
これを踏まえた上で、国内では保険の利かない「ED治療薬」と「AGA治療薬」の2種類の薬をご紹介します。
ED治療薬には、現在3種類の薬があります。
・バイアグラ
・レビトラ
・シアリス
これらのED治療薬はどれも自費での購入が必要とされています。
しかし、これを海外通販などで購入することで大幅な医療費削減が可能となります。
本来、1300~2000円が1錠当たりの価格となりますが、これを海外通販で購入すると180~400円ほどで購入することができてしまいます。
1/10とまでは言いませんが、それに近い金額で1錠を購入することができます。
1週間に3錠使用したとしても・・・金額は僅か1200円。
先発薬1錠以下の価格となります。
私たちはSEXしないことは現実的に不可能に近いです。
その行為の障害となるEDを低価格で治療できることは、男性にとっては大きなメリットとなるのではないでしょうか。
次は、AGA治療の薬です。
AGAは、男性の頭皮が薄くなったり髪が抜けてしまう脱毛症のことです。
これもAGA治療薬である「プロペシア」は病院でのみ処方が行われていますが、1錠300円ほどします。
しかもこの薬は、毎日の服用を最低でも半年は続けなければなりません。
1ヶ月を30日と考えて計算しても半年で、54000円もの出費となります。
しかしこれを「フィンペシア」というジェネリックに切り替えると、1錠は35円程度で購入できます。
なので、先発薬で必要とされる費用の1/10で購入できます。
ハゲ頭は嫌と思っている男性は、多いはずです。
はじめのリスクも検討した上で、必要な人は治療にあたってみて下さい。